【総まとめ】基本情報技術者試験のアルゴリズムが苦手な受験生に読んでほしい記事

この記事を読んでいる人は、基本情報技術者試験を受けようとしている人かと思います。

 

その中には、

悩む人

午後試験のアルゴリズム難しすぎ。。どうすればいいか分からん。。

と思っている人もいるのではないでしょうか。

 

実は筆者も基本情報技術者試験のアルゴリズムが大の苦手で、対策をするときには色々なブログを読み漁って情報収集していました。

筆者について
この記事を書いている筆者は、基本情報技術者試験/応用情報技術者試験を取得済みです

 

そこで今回は、

・基本情報技術者試験におけるアルゴリズムの概要

・アルゴリズム対策のコツ

・アルゴリズムを捨てるべきか否か

をまとめて書いていこうと思います。

 

先に結論を書いてしまうと、以下の通りです。

・アルゴリズムは配点25点の重要問題であり、全受験生必須回答

・アルゴリズム対策は過去問演習が大切

・他での挽回が難しいので、アルゴリズムを捨てるのはオススメできない

基本情報技術者午後試験 アルゴリズムの概要

悩む人

アルゴリズムがヤバいって聞くんだけど、そもそも何なの?

アルゴリズムは、基本情報技術者午後試験の必須問題の一つです。

基本情報技術者試験午後試験の問題選択について

つまり、基本情報技術者試験を受験する人は、必ずアルゴリズムの問題を解く必要があります。

 

午後試験の問題選択については以下の記事で詳しくまとめているので、気になった方はこちらも読んでみてください。

【初心者向け】基本情報オススメの午後選択や対策をまとめて解説します

 

例えば、以下のような問題が出題されます。

基本情報技術者試験のアルゴリズムの配点は25点

アルゴリズムの問題の概要は以下の通りです。

基本情報技術者試験アルゴリズム問題の配点と問題形式について

令和元年の試験まではアルゴリズムの配点は20点でしたが、令和2年の試験から配点が25点に上がりました。

アルゴリズムを苦手にしている人にとっては悲しいニュースですね。。

 

また、情報セキュリティは20点、ネットワークやデータベース等は15点なので、午後試験の中でも配点の高い問題です。

 

このアルゴリズムをきちんと得点できるかどうかが合格の肝になってきます。

基本情報のアルゴリズム問題は難しすぎる?

悩む人

アルゴリズムの問題を見てみたけど、何が何だ分からない。難しすぎだろ。。

こう思う人も多いのではないでしょうか。

 

私もアルゴリズムの問題を始めてみた時は同じ感想でした。

他の情報セキュリティやネットワークの問題は何となく理解できましたが、アルゴリズムの問題だけは最初から最後まで何を書いてあるのかが理解できず、外国語を読んでいる気分でした。

 

筆者は、アルゴリズムが難しいと感じる理由は以下の二点だと考えています。

・「午前試験対策=午後試験対策」になりにくい

・暗記モノでないため、しっかりと理解しなければいけない

 

アルゴリズムの問題が難しすぎるという話については、以下の記事で詳しく書いているので興味のある人はこちらも見てみて下さい。

【冷静に考えて】基本情報技術者試験のアルゴリズムが難しすぎるという話

基本情報のアルゴリズム問題勉強法のコツ

悩む人

アルゴリズム勉強方法のコツを教えてくれ~~

筆者が考える勉強方法のコツは以下の通りです。

・とにかく過去問演習が大切

・苦手意識を持ってるなら参考書を買うべき

・トレース練習をするのが効果的

・アルゴリズムの試験で満点を狙う必要は無い

 

勉強方法のコツについては、こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてみて下さい。

基本情報技術者試験のアルゴリズム勉強法のコツを徹底解説

基本情報アルゴリズム問題のトレース練習とは?

悩む人

アルゴリズムのトレース練習がいいって聞くけど、トレース練習って何なんだ?
アルゴリズムの処理の結果をトレース表に落とし込んでいくことがトレース練習と呼ばれています

偉い人

 

イメージはこんな感じですね。

基本情報技術者試験アルゴリズム問題の流れ図とトレース表の対応

 

トレース練習について詳しくはこちらの記事で書いているので、気になった方は読んでみて下さい。

【基本情報】アルゴリズム対策でたまに聞く、トレース練習とは何かについてまとめてみた

基本情報のアルゴリズム問題を捨てるべきか否か

悩む人

いや、ちょっと勉強してみたけど難しすぎ。。もうアルゴリズム捨てた方がいいかな??

アルゴリズムを捨てるという選択はオススメしません。

 

理由は以下の通りです。

・配点が多いため、他の問題で挽回するのが難しい

・四択以外の問題もあるため、当てずっぽうで当たりにくい

・過去問を解き続ければ慣れてくる

 

アルゴリズムを捨てるという選択については、以下の記事で詳しく書いているので、悩んでいる人は一度目を通してみて下さい。

【基本情報技術者試験】難しすぎるアルゴリズムを捨てるべきか否か

基本情報アルゴリズム問題が苦手なら参考書を買うべき

悩む人

公式のアルゴリズム過去問は解説が書いてなくて、解き方が全然分からない

こう感じる人もいるかと思います。

 

アルゴリズムは解答までのプロセスを理解するのが大切なので、必要に応じて参考書を購入するのがオススメです。

 

筆者としては、「うかる!基本情報技術者 午後・アルゴリズム編」がおすすめです。

 

おすすめの理由は以下の通り。

・イラストや図を多用しており、完全な初心者でも分かりやすい

・過去問7回分が丁寧に解説されている

・過去問の難易度が掲載されている

 

詳しくはこちらの記事で書いているので、参考にしてみて下さい。

【うかる!シリーズがおすすめ】基本情報技術者試験のアルゴリズム対策は参考書を使うべきという話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です